So-net無料ブログ作成

9/25 自転車の整備 [その他]

2017年 9月25日(月)
午前;6時10分頃起床。雨戸開け、朝食の準備をしてパソコンの定作業。7時半前から朝食。
   9時10分頃から自転車の整備をした。後輪を外し泥よけの止めネジの締め増し、ついでに裏側
   の掃除。後輪のフリーギアの汚れ落とし、リムとスポークの掃除。チェーンの掃除と注油。
   2個のボトルケージも外してフレームの汚れを落とし。変速機もきれいにし注油。11時半頃
   終了した。きれいになってサッパリした。明日はビッグランに行くつもりだ。
   12時前から書斎でパソコン作業。昨日作り始めた「父の命日の会食」アルバムを完成させた。

午後;昼食(焼きそば、春巻き)。読書(岩波「図書」)少し。9月号読了。弟が母の整体に来てくれた。
   14時20分頃からフルムーンパスを使って新幹線全線を乗りつぶす旅の行程を組んでみた。
   旅行会社のツアーはまず北に行くので、私は南に行って北上するようにして組み立てた。
   18時頃までに一応出来上がった。行くかどうか、いつにするかを考えたい。
   途中15時前から15時半過ぎまで弟に整体をしてもらった。

   夕方、雨戸を閉める時に細い月を撮影した。
0925月5.jpg

走行距離;0km 所要時間;0時間00分 元日からの積算距離;約3067kmで変わらず



タグ: 月齢5
nice!(0)  コメント(0) 

3/16 空振り [その他]

2017年 3月16日(木)
午前;6時頃起床。富士山と月を撮影。6時半前からパソコンの定作業。
0316富士山.jpg
0316月.jpg
   朝食をとり、9時半頃から外出。山下公園に行った。貨物船「TARA」が山下埠頭に入っている
   はずだったが、埠頭は空だった。朝、入港予定を確認しておけば良かったと反省!

午後;昼食(煮込みうどん)。読書(岩波「図書」)少し。弟が母の整体に来てくれた。
   パソコンの定作業をして待ち、15時前から整体をしてもらった。
   16時過ぎからパソコンの定作業。

タグ:富士山

11/19 雨の日 [その他]

2016年11月19日(土)
午前;6時半頃起床。朝食後、9時頃からパソコン作業。定作業ブログの更新をした。

午後;昼食(パンと野菜スープ)。読書(岩波「図書」)少し。
   14時過ぎ頃からパソコン作業。メールのチェック、ブログ用写真作り。午後の定作業をと
   ころどころに入れた。

走行距離;0km 所要時間;0時間00分 元日からの積算距離;約7513kmで変わらず

10/31 高田渡 [その他]

2015年10月31日(土)
午前;6時に起きた。雨戸をいくつか開け、6時15分からパソコンの定作業をした。メールチェックをすると
   アンケートが来ていたので回答したが、少し長いのがあり最後まで応えられないまま7時25分で打ち
   切り、朝食にした。
   食後、9時から再度パソコン作業。打ち切ったアンケートを初めから応え直して、その後のメールを
   チェックした。それからブログ用写真作りをした。

午後;昼食(パン、野菜スープ)。岩波「図書」を読む。鋭い主張を込めたフォークソングシンガーの高田渡の
   ご子息高田連さんが文を寄せていた。まだ読み終わってないので、どんな内容か楽しみだ。
   高田渡は私と同じ1949年生まれ。だが、大変残念なことに2005年亡くなってしまった。まだ56歳だ。
   どんな人物だったかはインターネット上にいろいろと出ているので興味のない人も是非検索を掛けて、
   読んでみて欲しい。

   14時から走りに出た。どこを走るかちょっと迷ったが、今日は25km以上走れれば良いと考えていたの
   で、久しぶりに権太坂を登るコースにした。なぜ25km以上で良いのか、それは元日からの積算距離
   が9000kmを超えるからである。今年の目標距離8000kmまで残り1000kmになる。11,12月の2月で
   1000kmなら特別なことがない限り余裕を持って走りきれることになる。

   権太坂は戸塚側からはだらだらと長い登りになるので、スタミナがあればかなり楽に登れるが66歳の
   身には最後の切り通し部分まで来ると少しきつい。今日も少々汗をかいてしまった。速さも20km/hを
   わずかに切ってしまった。毎日走って体力を維持してきたつもりでも、やはり徐々に落ちていくものの
   ようだ。落ち方を少しでも少なくするようにこれからも頑張るしかないと思う。

走行コース
自宅→県40号→三ツ境→富士見通り→原中入口→県401号(瀬谷柏尾道路)→大山跨線橋→不動坂→
国1号→(権太坂)→浜松町→国16号→鶴ヶ峰→自宅

走行距離;約33km 所要時間;約2時間00分 元日からの積算距離;約7008.5km




5/31 改葬納骨 [その他]

2014年 5月31日(土)
午前;朝食後、上に伸びるカキの枝を少し切った。
    9時過ぎからパソコン作業。いつもしていることを済ませ、アンケートに回答し、ブログの更新をした。
    11時少し前に長女から電話があり、自転車がパンクしたと言うので、直すから持って来させた。
    空気を入れてみるとパンクはしていなかったが、中のチューブがリムとタイヤの間からはみ出して
    きた。異常事態である。チューブを取り出してみることにしたら、途中で折れ曲がって一部が重なる
    様になっていた。取り出したチューブの状態を見て驚いた。長いのである。リムとタイヤの大きさに
    対して大きすぎるのだ。しかもヘビがカエルを飲み込んだ直後のように一部が膨らんでいた。

    中国製を輸入したものをASAHI サイクルベースで買ったのだそうだが、中国のおそらく素人に近い
    人がいい加減に組み立てたのであろう。大きさが合っていないし、太さが変形してしまっていた。
    チューブを買いに行かせた(サイクルベースは近いので)。待っている間にタイヤの中を一応調べ、
    そしてチューブがタイヤに張り付かないようにする専用の粉を内部にぬった。

    15分ほどで長女が帰ってきた。タイヤの状態を店員に話したら、乗り方によってはそんな風になる
    ことがあると言われたそう。私はそんなことはないと思っている。大きさが合っているチューブなら
    タイヤの中で重なるように折れ曲がることはないだろう。
    買って来たチューブはタイヤに表示されている規格に合ったものだったが、これも大きすぎるもの
    だった。仕方がないので下り曲がらないようにタイヤ内に詰め込んで、空気を入れた。一応乗れる
    ようになったが、私としては少し不安が残った。近いうちにブルーウィートサイクル(BW)に行って、
    聞いてみたいと思う。BWの技術は確かだから、より良い対応が出来ると思う。

午後;昼食(パンと野菜スープ)。食休みをしていると弟が車で来てくれた。これから墓苑に行き納骨をす
    る。持って行くものはすべて揃っているの、一休みしてもらってから家族全員で出かけた。    

    指定された時刻に墓苑に着いた。四国では自分で墓を開いたが、ここではすべてを係の人がして
    くれた。楽だが、見ているだけでいいのかとも思った。
    骨壺をきれいにしてくれて、名前のラベルを貼って、墓の中へ納めてくれた。私たちは事務所か
    ら墓の前に持って行き、線香をあげ手を合わせただけであった。他人の墓のような感じ。
    30分余ですべてが終わった。墓の購入から改葬まで色々あったが、一段落である。ホッとした。
0531納骨.jpg

    帰路には墓苑を決めた時と同じ道を通ったので、同じように途中のパン店によりお八つになりそ
    うなものを主としていくつかのパンを買って、16時過ぎに帰宅した。互いにホッとしたねぇと言って
    パンを食べながら、いろいろ思い出して話をした。

走行距離;0km  所要時間;0時間  元日からの積算距離;約3283kmで変わらず

5/28 ラッキョウを漬けた [その他]

2014年 5月28日(水)
午前;朝食後9時前からパソコン作業をした。いつもの作業の後、ブログの更新とブログ用写真作り。
    そのあとに相鉄ラッピング電車の時刻表、クレジットカードの利用明細の印字をした。

午後;昼食(オムライス、コロッケ)。食後いつものように少し読書をした。それから「ラッキョウ」を漬ける
    ために根や茎?の不要部分を切り落とした。今年は昨年までの倍の2kg。きれいに形が整っ
    たところで、もう一度水洗いし、ラッキョウ漬け用にしている瓶に少しずつ入れて塩をまぶした。
    14時半前から始めて約1時間半で終わった。ここから約3週間の塩漬けをしてから甘酢に漬け
    ることになる。たべられる(出来上がる)のは10月半ばになる。楽しみ!
0529ラッキョウ.jpg

    16時半頃、初めて長女の息子(孫)を小学校に迎えに行った。「浜っ子」で砂場で遊んでいた。    
    帰宅して庭で足を洗わせてから部屋に入れた。

走行距離;0km  所要時間;0時間  元日からの積算距離;約約3219kmで変わらず

5/ 8 墓の改葬手続き [その他]

2014年 5月 8日(木)
午前;朝食後の9時頃からいつものパソコン作業をした。その後お骨の改葬、その他のことで四国に行く
    ため、宿泊場所の予約をした。
    行くのは母と弟、私の3人だが、母と弟は飛行機で行き、私は鉄道で行くため、初日の宿泊地が
    異なることに。母達には国民宿舎を3泊予約した。そこからお墓までは車で15分程。
    私は新幹線と普通列車を乗り継いで夕方に高松に着く。そこで、昨秋利用した栗林のビジネス
    ホテルを予約した。2日目は母達と合流する。そして、改葬するための作業?をし、親戚の人達
    と会い、昼に会食をすることにしている。
    母も叔父、叔母達もみな喜寿を過ぎ、互いに行き来しにくくなっている。そこで母はもう一泊して、
    ゆっくり兄弟姉妹と過ごすようにした。
    3日目は用事が済んでいるので、私は一人鉄道で帰ることになるのだが、まだ乗ったことのない
    線区があるので、そちらを回ろうと計画している。

午後;昼食(ソバ、野菜かき揚げ)。弟が母の整体に来てくれた。そこへ四国の叔父さんから電話。
    お骨の改葬が円滑に進むようにするためには、母の印のある書類の方が良いと言うことで、
    急遽、埋葬証明書、改葬申請書を作り、叔父さんに郵送することになった。ファクシミリで送って
    もらったものを見て、それとほぼ同じ大きさで印字して、そこに必要事項を記入した。住民票が
    必要だそうで、カミさんが区役所にとりに行ってくれた。全書類が揃ったので、弟が帰りに投函
    できることになった。
    それにしても死んだ人に関わることは煩雑極まりないものだと思う。犯罪が絡むこともあるとい
    うことなのだろうが、善良な市民にとっては手間と時間と費用がかかって堪らない。

走行距離;0km  所要時間;0時間  元日からの積算距離;約2755kmで変わらず。

5/ 3 バーベキュー [その他]

2014年 5月 3日(土)
今日は半年ぶりの家族バーベキューの日。天気が良すぎるくらいの快晴。暑くなりそうだった。

午前;朝食後バーベキューコンロを出してから書斎に戻った。いつものパソコン作業をした。
    10時40分頃からバーベキューの準備を始めた。まず、日よけのシートの一端を柿の木からの
    ロープで広げ、他端をガレージの端に立てたTVアンテナの柱からのロープで支えた。日差しが
    強いので日よけシートが有効に働きそうだ。
    火つけ用の真美と消し炭、燃焼用の炭、火箸やトングなどをそろえ、11時半近くに火作りを始
    めた。風があったのですぐに上から消し炭に火が点いた。そこから炭へも簡単に点火したが、
    風が徐々に強くなり熱が横に流されて、食材の方に上がって来にくくなった。

    12時前頃から子どもたち家族が集まってきた。弟も来てくれた。

午後;息子がダッチオーブンで燻製を作り始めたが思うように熱が回らないようだった。
    ホッケ、シャケ、タケノコ、アスパラ、鶏モモ肉、牛肉、タコ、イカ、ジャガイモ、エリンギ、おにぎり
    などなど次々と焼いては食べた。
ほんの一部ではあるがこんなものを焼き、食べました。
0503BBQ肉.jpg

    何か行事があると都合のつく子ども達がさっと集まって来てくれるのはありがたいと思う。
    昨年、卒寿を過ぎた母も嬉しそうに、楽しそうにしてくれるので幸せである。

走行距離;0km  所要時間;0時間  元日からの積算距離;約2571kmで変わらず。

4/26 町内会の総会 [その他]

2014年 4月26日(土)
午前;早起きしてパソコン作業。iTunesをインストールした。パソコンを初期化する前にコピーして
    おいたファイルを元に戻してiTunesが使えるようにした。
    朝食後、iTunesとiPodとの関連づけをした。一瞬iPod側のデーターが消えたようになったが、
    すぐに復活し、新しいCDからPCへの取り込みもうまくでき、そこからiPodにもうまく入った。
    その後、いつもしていることを済ませ、ブログの更新をした。

午後;昼食(焼きそば)。今年度、自治会の役員の順番に当たったので、町内会の役員総会に行った。
    町内会館で14時から始まった会議は約2時間かかった。参加者は約40人だった。
    会が終わった後、下のようなコースで走った。

走行コース
自宅→東部自治会館→桐ヶ作下→今井町→元町ガード→狩場→国1号→浜松町→国16号→
鶴ヶ峰→自宅

走行距離;約20km  所要時間;約3時間半  元日からの積算距離;約2381km

4/24 墓の移転 [その他]

2014年 4月24日(木)
午前;朝食後、9時頃からパソコン作業。いつもしていることを済ませたあと、ブログの更新をした。

午後;昼食(巻き寿司、餃子)。読書と「ニコリ」。弟が母の整体に来てくれた。整体の前に田舎の墓
    にあるお骨を分骨してこちらの墓に移そうとしていることについて、田舎の叔父から電話が
    あり分骨でなくすべてを移して、今の墓は廃棄した方が良いと助言があり、必要な書類を用
    意し手続きをしてくださるとの提案があった。母の一番下の弟である叔父さんが手伝って下
    さるとのことなので、従うことにしてこれからの日程について話し合いをした。
    結局、弟は母の整体をする時間がなくなったが、墓の移転についてのことがすっきりさせら
    れそうで良かったと思う。それにしても墓の移転や骨の移動のなんと面倒なことか。死者に
    こんなに面倒をかけられるとは何とも納得がいかないものだ。
    私が死んだら、葬式も要らないし、墓も要らない。遺体は海にでも捨ててもらえればいいの
    だが、日本の法では火葬をしなければならないらしいから、火葬後は散骨してもらい、墓に
    は何も入れなくて良いと思っている。死ねば自然に戻ることが私の望みである。死体は所詮
    単なる人の形をした物質の塊に過ぎないのだから、自然に返すのが一番なのです。

走行距離;0km  所要時間;0時間  元日からの積算距離;約2313.5kmで変わらず